「金曜日は菌トレの日」きんぴらごぼうで菌トレ

「金曜日は菌トレの日」きんぴらごぼうで菌トレ

根菜を使ったおかずって腸を活性してくれますね。

中でも「きんぴらごぼう」って最高!

きんぴらごぼう

きんぴらごぼう
解毒力があり、腸の善玉菌にとても良い

私は「あれ? 便がスムーズじゃないなぁ」って思ったら、

きんぴらごぼうを作ります。

だって、ごぼうは身体を温めてくれる作用があって、腎臓や腸の働きを良くし、老廃物の排泄を良くします。

解毒効果高いんですよ。

これを良く噛んで食べたら、次の日はスッキリなんです。

 「きんぴらごぼう」といっても作り方は色々ですよね。

私は、いつもマクロビオティックな作り方をします。

簡単にご紹介すると。

ごぼうと人参は皮をむかずに(無農薬のみ)薄切り、さかがきにして、お鍋にごま油を入れて、まずはごぼうから炒めます。

ごぼうはアク抜きしません。

アクも全部頂くのです。

ごぼうのツンとした臭いが消えるまで12~13分炒めます。

次に人参を一緒に炒めて、昆布だしを入れて柔らかくなるまで煮ます。

最後にお醤油を入れて混ぜ合わせ、汁が無くなるまで煮ます。

お砂糖は入れません。

 

よーく、よーく、噛んで食べると

腸内細菌の善玉菌のエサになります。

善玉菌は食べ物の質と咀嚼次第で増やすことができます。

たくさん噛んで、あなたの善玉菌を増やしましょう。

カテゴリー: 金曜日は菌トレの日 パーマリンク