アトピー改善物語2話(タラソテラピースクールで働く)

 アトピー改善物語2話(タラソテラピースクールで働く)

エステティックサロンを辞めた私は不安でたまらなかった。

ホームに一人

このひどい肌でどんな仕事ができるんだろう。

この肌を見て、どう思われるか。。。恥ずかしい。

けれども、アトピーがひどくてエステティシャンという仕事をあきらめたが、この美容業界に執着していた。

 

とにかく、仕事を見つけなきゃ。

求人誌をパラパラめくり、目に付いたのが「タラソテラピースクール」。

フランスの「タラソテラピー」を教える学校での事務職でした。

アロマテラピーは分かるけど、タラソテラピーってなんだろう?

求人情報を読むと、

「フランス発のタラソテラピー」いわゆる海水、海泥、海藻、海洋気候を用いた自然療法。

タラソテラピーを日本語に訳すと「海洋療法」。

良く分からないけど、きっと、ナチュラルで、身体に優しいセラピーね。

ふ~ん、おもしろそう!

美容や健康に携われるお仕事だったらいいわ!

こんな感じで面接を受けた。

面接の時、当時の学院長に「わぁ~、かわいそうに。。。ちょっとひどいね~」と、

かわいそうな目線を向けられ悲しくなったことを覚えている。

でも、その後に「でも、タラソテラピーでキレイな肌に戻りますよ」と軽く言われ、

卑屈になっていた私は希望を持つどころか腹が立った。

心の中で「簡単に治るもんか! 簡単に言うな!」と。

でも、学院長の言っていたことは現実のものになるのでした。

しかも、簡単に。

 

これが「人生変えちゃうタラソテラピー」のはじまりだったのです。

(タラソテラピー改善物語3話に続く)

カテゴリー: アトピー改善物語, タラソテラピー パーマリンク