アトピー改善物語3話(冷え体質から抜け出せない)

アトピー改善物語3話(冷え体質から抜け出せない)

25年以上前の話ですが、

実は私、お風呂に入っても湯船に浸かる習慣が全くありませんでした。

真冬の雪の降る日にも、シャワーで済ませるというスタイル。

「雪景色」

今考えると、思い出しただけでブルブルきちゃう。

でも、これには一応理由があって、面倒くさいから省いていたわけではなく、

湯船に浸かると直ぐにのぼせるから、湯船に浸かることが嫌いだったのです。

のぼせないように時間を調整したり、ぬるめの温度に設定したり。

けれども、かえって身体が冷えてしまう。

そうは言っても、頃合いの温度というものがありそうなものだけど、とにかく湯船に浸かって身体を温めようとすると、結局はのぼせる。。

あ~もう大変。

のぼせた後は、それは、それは、ぐったり。

顔は真っ赤、まさに茹でダコ状態。

もう、どうにもならないくらいダルくなる。

私にとって「湯船に浸かる=のぼせ」

温まるとか、リラックスするとか、そういった気持ちのよいものではありませんでした。

だから、ちょっと熱めのシャワーを浴びて済ませる。

真冬でもこのスタイルだったのです。

でも、こうして、ますます冷え体質から抜け出せないでいました。

 

お風呂でしっかり身体の芯を温めていないものだから、ベットの中で身体が冷えてくる。

ゾクゾクして眠れない。

だから、電気毛布を入れて寝る。

電気毛布は、温かく快適な眠りをつくってくれるけど、朝になったら身体はカッサカサで、しかも毎朝喉が痛い!

身体は脱水状態で朝を迎え、いつも体調が悪い。

風邪薬

ちょくちょく風邪を引く。

疲れが取れない。

けれども電気毛布を入れないで寝ると、寒くて眠れないので仕方なくそうする。

運動をする習慣も無かった私は、お風呂で汗をかかなければ、1日の内に一度も汗をかくことはない。

こうした習慣がより、のぼせる体質をつくっていることに後々気付くが、無知って怖い。

汗をかかない習慣は、汗腺の機能を著しく低下させ、排泄機能、代謝に影響させる。

この冷えの負のスパイラルから抜け出せないでいたんです。

そんな生活を送って、身体に良い訳無いけれど、どうしたら改善出来るのか

分からないまま、「仕方がない」と片づけ、年月が経ち、25歳の頃。

ストレスも重なり、また、全身にアトピーが勃発し始めたんです。

アトピー改善物語4話につづく

カテゴリー: アトピー改善物語, タラソテラピー パーマリンク