タラソテラピー入浴法の根拠

タラソテラピー入浴法の根拠

タラソテラピーがなぜ美と健康をつくり出すのか

自宅でできる「タラソテラピー入浴法」その根拠

門間さん_入浴法の根拠_3つの要素

バスソルト、海藻、海泥にはミネラルが多く含まれ、湯船に溶け込んだミネラルは皮膚を通して浸透します。

ミネラルは、生命維持に必須の栄養素ですね。

「ミネラルは食事から摂るもの」とお考えの方も多いかと思いますが、ミネラルは皮膚からも浸透し、更に体内へ吸収されることがフランスの様々な実験で分かっています。

20131017_門間様_HPライン3

その科学的根拠を解説します。

【フランス レンヌのゲルフィ博士の実験結果】

入浴法の根拠_ミネラル浸透4

塩化ナトリウム以外のミネラル全てが水に溶けると電解質を帯びて存在するのです。
これの状態が自然界で存在するのが「海」です。
私達人間の体液も電位を持っています。
人に雷が落ちるもの、感電するのも、体液に電気を通す性質があるからですね。
人の体液もミネラルイオンの状態であるのです。
プラスチックやゴムでは電気を通しませんね。
ですから、ミネラルを湯船に溶かし入浴すると、人間の体液に存在するミネラルイオンと引き合うのです。

電位をもったミネラルは移動する(体内へ浸透するメカニズム)

フランスの研究結果です。
私達の皮膚の電位は、表皮はマイナスに帯電し、真皮の深い部分ではプラスに帯電している事が分かっています。
電解電流はマイナスからプラスに向かって流れる性質を持っていますから、表皮のマイナスイオンを真皮に運ぶことは自然の流れです。
ですから、角質層に吸い込んだマイナスイオンは、プラスに帯電している真皮へと入り込むことは簡単なのです。

そして、真皮に入り込んだミネラルイオンは、毛細血管を通して各組織へと移動していきます。
これで、お分かりのように、ミネラル「塩」は水に溶かし、初めてミネラルイオンとなり、体内に浸透し、また、排泄もします。
そして、体液の浄化、細胞代謝に働き美しさ、健康の基礎をつくります。

ですから、ミネラル浴は根拠のある美容法なのです。
ただし、ミネラルイオンが浸透するには

時間

温度

純度

の一定の条件がありますので、タラソテラピー効果的な入浴法をご覧ください。

20131017_門間様_HPライン3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です