入浴後

入浴後

第二の汗

タラソテラピーでは、第二の汗をとても重要に考えています。
入浴後の過ごし方次第で、体質改善はもとより 美肌づくり、むくみ、脂肪燃焼、疲労回復、老化予防などに効果的なのです。

20131017_門間さんHP_くつろぐ姿 ミネラル浴している時、お湯の中に溶けたミネラルはお肌の角質層に吸収されます。
この、角質層に吸収されたミネラルが、お風呂上りにもう一度、身体の中に入り込んでくれます。
身体の中に入り込んだら、汗と共に老廃物が出ます。
「入ったら、出る」これがミネラルの交換作用です。
ですが、この作用はリラックスされていないと上手く働きません。
つまり、リラックスの神経、副交感神経が優位であることが条件です。
ですので、お風呂上がりには、寝そべりながらのんびりしていることがベストです。
リラックスしていれば、
最後の最後まで老廃物を排泄するのです。

20131017_門間様_HPライン3

入浴後に飲むもの

タラソテラピー入浴後ー水分

タラソテラピー入浴後ーゆっくり
入浴後
この条件でミネラル浴をすると、血液粘度が上がらず、たくさんの汗が出てきます。
そして、汗と共に効果的に老廃物も排泄され、お肌からミネラルも吸収します。
お風呂上がりには、お肌に吸収されたミネラルがもう一度吸収し、老廃物を排泄するチャンスです。
それには、リラックスの神経、副交感神経が優位であることが条件です。
ですので、お風呂上がりには、寝そべりながらのんびりしていることがベストです。

20131017_門間様_HPライン3

第二の汗の妨げになること

20130924_女の子筋トレNG例えば、お風呂上がりに痩せたいからと言ってトレーニングをしたり、お掃除を始めたり、「こらぁー!」なんて子供をしかったりすると、たちまち興奮の神経である交感神経が優位になってしまいます。
こうなると角質層に吸収されたミネラルの体内浸透の妨げになってしまいます。
お風呂の前に、やる事を済ませてしまって、身体のお掃除に徹してくださいね。
ぜひ、工夫をして楽しんでください。

 

 

20131017_門間様_HPライン3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です