尿について

20131017_門間様_HPライン3
20131027_門間さん_必要性「尿について」
尿の一日の排泄量は成人の女性で1500ml前後です。
一日の排尿の量は200ml~400mlで、一日の回数は8回~10回が理想的とされていますが、「みなさんは、一日何回トイレにいきますか?」

トイレに行く回数は健康状態を診る上で重要なことでず。
例えば、入院患者に毎朝、看護師さんは体温を測り、前日の尿の回数、便の回数を聞きますね。便と同じように尿の回数も健康のバロメーターと言えます。

便、尿、汗などで出いく身体の水分は約2300mlと言われています。
身体の水分は成人で約60%ですから、これを最低でもキープするためには、お水をたくさん飲む必要があります。お水を充分に摂ることで、体液の循環を良くし、尿から老廃物の排泄をすることは健康で美しい身体をつくります。

お水をたくさん飲んで尿の回数が増えるのは、水分代謝がよくなるためで心配はいりませんが、冷えからくる頻尿は問題です。
オフィスでお仕事中、お水も、お茶も、コーヒーも飲んでいないのにトイレに何度も行く。
みなさんもこんなこ経験無いですか?
冷房病
脚元が寒くて、頭上が熱い、オフィスの中でよくある状態ですね。
身体が冷えていると身体の水分を外に出して、体温を上げようとします。
冬でも、夏でも環境が冷えていれば同じことです。
身体が冷えていれば、夜中にトイレで何度も起きますね。

日頃から冷え症の人は、汗をあまりかかないので、身体の余分な水分を尿で出そうとトイレの回数が増えます。また、冷えから内臓を守るため身体の水分を外に出し、トイレが近くなるのです。

冷えからくる頻尿は老廃物を溜め込んだままで、水分ばかりが排泄され体液は汚れます。
身体はむくみやすくなり、体液の循環はよくありません。

タラソテラピー入浴法で一日の冷えを解消しましょう。