生理中でも美肌

タラソテラピー入浴法で

 

■生理中でも 美しい輝きのお肌に!

女性はホルモンのサイクルによって身体と精神に変化が現れます。

女性が最も美しく魅力的な時期の「卵胞ホルモン期」と

体調がすぐれず、精神的にもイライラする時期の「黄体ホルモン期」があります。

 

【グラフ】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肌艶がよくて、化粧のりは最高、目がパッチリ、今日はキラキラしているじゃない!

髪も艶やかでまとまりやすい!

これがデートの日だったら最高の気分ですね!

 

それは、どうしてかと言うと

卵胞ホルモン期は生理の終わり頃から約2週間続き、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が盛んになり、女性が最も美しくなるのです。

生理中のイライラから抜け出し、お肌は美しく輝き、髪も艶やかになるのです。

 

一方、前ページでも述べましたが、生理か始まる約一週間前は黄体期という期間に入り黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が増えます。このホルモンは妊娠準備に備えるホルモンですので、妊娠時に備え体温を高めます。胸も大きくなり母となる準備に備えます。

その反面、むくみ、だるさ、便秘などが起きやすく、肌の調子が崩れ、ベタつき、吹き出物、むくみ、肌荒れを引き起こします。

 

 

 

■タラソテラピー入浴法で生理に影響しない美肌をつくる

その変化の差は人によって違いがありますが、タラソテラピー入浴法を習慣化すると黄体ホルモン期のウイークポイントを最小限にすることが可能です。

 

タラソテラピー入浴法は、身体に負担なく汗をかくことができ、身体の芯が温まります。

皮膚からのミネラル吸収は体液の老廃物を排泄し、代謝を高めます。

タラソテラピー入浴でミネラルを吸収し、同時に汗をかくことは、毛穴の詰まりを改善し、皮脂分泌の激しいベタつきもキレイにしてくれます。

ミネラルを充分に吸収したお肌はバランスが整い、水分が保たれ、肌代謝が良くなってきます。肌荒れの改善にもなり

また、タラソテラピー入浴法は熟睡を導きますので、寝ている間に美肌をつくります。

朝起きて、お肌の調子が良ければ一日ご機嫌ですよね!

タラソテラピー入浴法で、いつもお肌輝く黄体ホルモン克服女になりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です