生理前のイライラを

タラソテラピー入浴法で                       

生理前のイライラを抜け出そう!

 

生理前になると、

イライラしやすくなる、

些細なことで落ち込みやすくなる、

身体はむくみ、吹き出物が出てくるなど

心と身体の変化に悩む女性は多いですね。

これは、女性特有のホルモンの変化によって、身体と心に大きな変化を及ぼします。

ですが、このホルモンの変化があっても、身体と心に悪影響が出なければ、穏やかな日々ですよね。

タラソテラピー入浴法はホルモンの変化に強い身体づくりを導きます。

 

■生理前、または生理中に起こる心と身体の変化は、なぜ起きるのでしょうか。

「生理前だから、吹き出物が出てきちゃって。。。」

「生理中は何だか気分が滅入っちゃう。」

「生理前はむくんでしまって」など毎月の変化に悩む女性は多いですね。

 

やる気が出ない、面倒くさくなる、落ち込みやすくなる。

いつもだったら、ジョークで返せる言葉も、生理前だとそんな余裕もなくなったりします。

職場で些細なことで腹が立ってイライラしっぱなし、対応がヒステリーになれば、

「あいつ、生理中だから今は近づかない方がいいよ!」なんて噂されてしまうかもしれませんね。

 

ですが、生理が終わると、みなさんどうですか?

吹き出物は自然に消え、お肌はキレイに甦ってきますよね。

精神面も大きく変化し「何か新しいことにチャレンジしようかしら!」「新しい服を買ってオシャレしちゃおう!」気分はアゲアゲです。仕事もやる気が出て、積極的な行動を取ったりします。

 

これだけ生理前と生理後では女性のテンションは明らかに違うのです。

「女心と秋の空」という言葉がありますが、コロコロと変わる心は男性には理解ができないのでしょうね。

 

ですが、この「テンションの差」は周りからすると、とても迷惑な話です。

気分爽快な気持ちの女性には近づきたいけど、ヒステリックな女性には近づき難い!

でも、どうして女性は生理前後で気分が大きく変わってしまうのでしょうか?

 

それは、ホルモンの影響が大きく関わっています。

生理が始まる約一週間前は黄体期という期間に入り黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が増えます。体温が高くなる期間でもあり、肌の調子が崩れやすく、吹き出物やむくみ、肌荒れを引き起こしやすくなります。身体の面は、むくみ、だるさ、便秘などが起きやすく、精神面でもイライラや気分の落ち込みが出てきます。

 

これは、黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌が多い時期にみられる女性特有のものです。だからと言って「仕方がない!」とあきらめるものでもありません。

 

「タラソテラピー入浴法」でホルモンバランスアップ

身体の冷え、代謝の低下、睡眠不足、栄養の偏りなどがホルモンのバランスに大きく影響します。

タラソテラピー入浴はミネラル入浴剤をお湯に溶かし入浴しますが、身体の芯を温める効果がとても高く、代謝を上げることが効果的です。入浴で汗から老廃物を排泄させ、体液の浄化をしていきましょう。

お湯だけの入浴とタラソテラピー入浴を体感し比べると良く分かります。

 

また、タラソテラピー入浴は睡眠をスムーズに導きます。

質の高い睡眠は成長ホルモンの分泌を活性し、睡眠中に疲労を回復させる力をつけてくれます。身体の芯が温まり、筋肉の緊張が取れると、心も身体も伸びやかになり、自然と大らかな気持ちになってくるのです。

タラソテラピー入浴法を続けると、身体が芯から温まるようになり、きちんと汗をかけるようになります。

 

毎日の入浴方が難しい方は、せめて黄体ホルモン期の一週間前、生理が始まる二週間前からスタートすると良いでしょう。

人は温かい環境で暮らせば大らかになるように、身体がいつも温かい状態であることは心にも作用し、穏やかな心を持つことができます。

イライラする前から、お風呂にバスソルトを入れて半身浴をしましょう。

 

冷えと緊張から解放された身体は、心にも影響し些細なことではストレを受けなくなってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です