「梅雨解毒」Vol.4

「梅雨解毒」Vol.4 水は噛んで飲む

 

まだまだ続く「梅雨解毒」シリーズ~★

今日は、水の飲み方についてです。

グラスにたっぷりのお水

お水を飲んで身体の浄化をしよう

 

え~っ! 水まで噛むのぉ~って声が聞こえてきそうですが、

「は~い、水は噛んで飲んだ方が良いです!」

 

 

前回、お水を一日2000ml前後飲んだ方が良いとお伝えしましたが

便秘解消になるし、

お肌はきれいになるし、

代謝が上がるし、

脂肪は燃焼しやすくなるし、

身体は浄化され健康的になります!

 

さらに「お水を噛んで飲む」と効果がもっと上がるんです。

 

噛んで飲むと、歯をカチカチしちゃうイメージですが、そうではなくて

お水を口の中でもぐもぐ遊ばせてから飲む感じ。

唾液を充分に含ませてから飲むと、腸からの吸収がとっても良くなるんです。

唾液って偉いんだわぁ。

 

腸から吸収された水は、血管を介して血液に運ばれ、各細胞に運ばれます。

お水(ミネラル)が無いと細胞に栄養も運ばれませんし、細胞内の老廃物も排泄できません。

 

筋肉もお水が必要です。

筋肉に溜まった疲労物質を排泄するのも、良い筋肉をつくるのもお水が必要なんです。

 

地球が水の惑星であるように、人間の身体も水の小さな惑星みたい。

青い地球

水の惑星、地球。身体もまるで水の惑星のよう。

川から流れ出る水が海にそそがれ、海をつくり、海水が温まり雨を降らせ、大地に恵の水を与え、そしてまた肥よくな川をつくる。

身体の水もグルグル廻り循環していないと栄養が細胞に行き渡らない。地球と一緒。

 

 

朝は白湯をたっぷりと。(200mlくらい)

食後は胃の消化液が薄まるので、直後は避けて。食後は飲んだとしても100mlくらいが良いです。

一日の内に数回に分けて2000mlをゆっくり飲むのがベストです。

 

と言われても「そう簡単に2000mlも飲めないよ!」と思いますよね?

私も以前は「そんなに飲めるか~い!」って思っていた一人でした。

もともと、紅茶やコーヒーなどの嗜好品が大好きで、何かにつけてブレイクタイムをつくり、一日に何杯も飲んでいたんです。

今考えると、特に飲みたいわけではなく、口淋しいだけ、いやしいだけ。(笑)

なので、コーヒー、紅茶は一日1杯づつくらいにしておいて、お水の量を増やしたんです。

やってみると、できるぅ! やる気になればできる!

トイレは近くなるけど、超快便、身体軽い、身体のぜい肉がそぎ落とされてくる感じ。

これを体感できるとやめられません。お水に感謝となります!

 

みなさんも水の惑星のごとく、梅雨は飲んで出して身体を浄化しましょう。

ぜひ、噛んで飲んで身体の変化を感じて下さいね!

カテゴリー: その他 パーマリンク